豚足食べてコラーゲン補給♪ができない理由

コラーゲン、摂ってますか?

お肌の潤いや弾力にコラーゲンが必要なのはもう当たり前の事実になっていますね。

巷ではコラーゲン入りの化粧品が選びきれないほど沢山あります。塗るだけにはとどまらず今や食べ物やサプリでもコラーゲン入りの商品が随分増えました。

皆さんはコラーゲンを意識して食べたりしていますか?

たとえば、居酒屋さんで豚足を食べて「コラーゲンたっぷりだから明日はお肌ぷるぷるだね~」なんて会話もよく耳にします。

でもこれって実は間違いなんです。

コラーゲンはただ食べるだけではお肌には意味がない

そもそもコラーゲンってなんなんでしょう?

コラーゲンの正体はタンパク質です。ではタンパク質って何でしょう?

たくさんのアミノ酸が何百何千本にもなる手を繋ぎあってひとつの大きな塊になったものです。

これが体の中に入ってくると、体の中にある酵素が働いて繋がっている手をバラバラにほどいて体に吸収できるサイズまで小さくして吸収します。

豚足等に含まれるコラーゲンは、塊が大きいのでそのままでは吸収できず、このように分解されてから吸収されます。

実はこの時、アミノ酸になるまで完全に分解されてしまうとその時にはもうお肌のハリに有効なコラーゲンとしての機能はなくなってしまってるんです。

お肌のハリに有効なコラーゲンはコラーゲンペプチドという、大きなコラーゲンと小さなアミノ酸の間にある大きさのものです。(アミノ酸が数本~数十本手を繋いだ状態のもの)

大きすぎるコラーゲンを分解してコラーゲンペプチドだけに変えてお肌に届けよう!

と体内で器用に選べればいいのですが体はそんな器用なことはできません。

アミノ酸になるまで細かくバラバラに分解して全身の様々な場所に役立つようにしてしまうのでお肌へピンポイントの効果は得られません。

もちろん、全身に役立つのでお肌に「も」届きますが、効果は大きくないと考えてよいでしょう。

じゃあ、頑張ってコラーゲンを食べてもお肌にはあまり意味ないじゃんって思われたと思いますが安心してください、大丈夫です。

お肌に効くコラーゲン、コラーゲンペプチドを選んで摂取すれば良いんです。

お肌に効かせるならコラーゲンペプチドが有効です

初めからコラーゲンペプチドの状態になっているものを摂取すれば体はそのまま吸収することができるのでお肌にちゃんと効かせることができます。

このことはいろいろな研究結果ですでにあきらかになっています。

気になった方は、コラーゲン経口摂取に関する学術記事等を調べてみると沢山読めるので見てみてくださいね。

サプリメント等の表示をみるとコラーゲンペプチドとして配合されているものはきちんとコラーゲンペプチドと明記されています。

やみくもにコラーゲンが入ってそうな食べ物を片っ端から食べるよりも、コラーゲンペプチドとはっきり表示されているものを摂取したほうが美肌への近道になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA